鰻場一致

新着情報最新情報はブログへ

一般社団法人 鹿児島県養鰻管理協議会について

背景

本県の養殖ウナギの生産量は全国の約4割を占め全国一となっており、養鰻業は重要な産業となっている。

しかしながら、近年、シラスウナギ採捕量の激減等、ウナギ資源が枯渇しているとして、国際自然保護連合(IUCN)は、平成26年6月12日に、「ニホンウナギ」を「絶滅の恐れのある生物種に関する情報」(レッドリスト)の「絶滅危惧IB類」に分類した。現状においては、漁獲、国際取引等における特段の制限はなされないが、ウナギ資源の保護対策は喫緊の課題となっている。

平成28年9月には,絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)の締約国会議が開催され,ニホンウナギ等の資源や貿易の実態状況を調べる決議案が採択されたことから,ウナギ資源の適正管理と資源保護・回復に全力で取り組む必要がある。

一般社団法人 鹿児島県養鰻管理協議会の概要表示する▼

設立日

平成28年6月17日(鹿児島県養鰻管理協議会から移行)

構成メンバー

〇正会員:県内51業者 正会員一覧へ   〇賛助会員:県内5業者

目的

本会は、会員が相互に協力して、ウナギ養殖に必要なシラスウナギ資源を安定的に確保するために、これらの適正管理と資源保護・増殖に努め、県下養鰻業の健全で恒久的な振興を図ることを目的とする。

事業内容

本会は、目的を達成するために次の事業を行う。 

  1. (1) ウナギ資源の持続的利用に関する会員の知識の向上
  2. (2) ウナギ資源の持続的利用に関する会員の協議
  3. (3) ウナギ資源の持続的利用、資源管理に関する広報活動、環境保全・資源回復活動
  4. (4) ウナギ資源の適切な管理に関する国内会議への出席 
  5. (5) 会員が生産したウナギに対する証明書の発給
  6. (6) その他目的達成に必要な事業

(H29.8.31更新)

▲ 閉じる

一般社団法人 鹿児島県養鰻管理協議会正会員一覧表示する▼

協議会・組合名 業者名 代表者名 連絡先 所在地
1 川内地区養鰻漁業振興協議会
(7業者)
(有)五光      
2 (有)永園養鰻      
3 鳥越養鰻      
4 (有)岩崎商店 代表取締役 児玉 和之    
5 さつま種苗(株)     薩摩川内市
6 (有)二ノ方水産      
7 (株)川内鰻 代表取締役 森 優二 0996-38-2070  
8 鹿児島地区養鰻漁業振興協議会
(5業者)
指宿淡水      
9 いまむら養殖(有) 代表取締役 今村 寛信 0993-34-0252 指宿市
10 ナカムラ養殖(有) 代表取締役 中村 定広 0993-34-1192 指宿市
11 山中水産(株) HP 代表取締役 山中 善晴 0993-35-3111 指宿市
12 (有)田代水産 代表取締役 田代 修 0995-77-2500 霧島市
13 大隅地区養まん漁業協同組合
(21業者)
有明淡水(有) HP 代表取締役 久徳 浩 099-475-1188 志布志市有明町
野神52-3
14 (有)伊崎田養魚場      
15 楠田鰻(株) 代表取締役 楠田 貞則    
16 楠田淡水(有) 代表取締役 楠田 和也    
17 (有)楠田養殖 代表取締役 楠田 浩一    
18 楠田養鰻有限会社 代表取締役 楠田 茂男 099-476-0442 曽於郡大崎町横瀬1328-7
19 (有)利行水産      
20 (株)久保水産 代表取締役 久保 修一 0994-32-1385 垂水市
21 (有)泰正養鰻 代表取締役 横山 龍己 0994-76-4410 大崎町
22 (有)双洋水産      
23 大和水産(有) 代表取締役 大和 治仁    
24 (有)老松養鰻センター      
25 (有)アサヒ養鰻 代表取締役 楠田 照浩    
26 (有)和田養鰻      
27 (有)マルフク水産 代表取締役 福徳 力 0994-76-3085 大崎町
28 (有)黒木養鰻      
29 岩切養鰻      
30 イールファーム(株)      
31 楠田水産(有) 取締役 楠田 直二 099-476-0190 大崎町
32 (有)牧原養鰻 取締役 牧原 博文 0994-63-2297 東串良町
33 (有)立石養鰻 代表取締役 立石 昭平 0994-65-9579 肝付町
34 志布志湾養鰻協会
(2業者)
(株)鹿児島鰻      
35 (株)志布志養鰻   0994-75-2203 志布志市
36 企業養鰻
(8業者)
(株)ニュー千里 代表取締役 久保 正一 0994-75-1177 大崎町
37 (有)柳沢養鰻 代表取締役 柳澤 洋   志布志市
38 (有)桜林養鰻 代表取締役 松下 哲久 0994-74-2300 志布志市
39 山田水産(株) HP 代表取締役専務 山田 信太郎 0994-74-2770 志布志市
40 (株)翔永淡水 代表取締役 永峯 康志 0994-76-1400 大崎町
41 (株)日鰻 HP 代表取締役社長 山田 賢一 0994-71-5131 志布志市
42 (株)永瑞淡水 代表取締役 永峯 康志 0994-63-4700 大崎町
43 (株)西日本養鰻 代表取締役 笠岡 茂樹 0985-24-0001 曽於市
44 種子屋久地区養鰻協議会 森山養鰻場      

他7業者あり

(H29.11.10更新)

▲ 閉じる

 

活動実績・計画

成果物 表示する▼

  • 【出荷証明書】
    鰻出荷証明書
  • 【オンパックシール】
    seal 商標登録第5832999号
  • 【ポスター】
    かごしま産鰻B2ポスター
  • 【リーフレット】
    リーフレット

▲ 閉じる

資源保護増殖

『鹿児島県ウナギ資源増殖対策協議会』の紹介 表示する▼

目的

ウナギ資源の減少が懸念されている中,種苗を天然シラスウナギに100%依存している養鰻業界をはじめ,ウナギ資源を活用する関係団体等においては,将来にわたってウナギ資源を維持・確保していくことは必要不可欠であり,その実現に向けて内水面漁協,養鰻団体,シラス採捕団体,県等が連携を強化し,ウナギ資源の保護・増殖対策に取り組むことを目的としています。

主な活動

〇第1回協議会(総会)※1
 例年6月頃,協議会予算や活動計画及び試験研究計画の協議を行います。

〇勉強会※1
 例年10月頃,関係機関(国や大学等)から講師を招き,ウナギ資源の保護・増殖に関する講演を行います。

〇第2回協議会(報告会)※1
 例年2月頃,当該年度の試験研究結果の報告を行います。

〇PR活動
 鹿児島県では,平成25年度から産卵のために河川を下るウナギ(銀ウナギ)を保護するため,委員会指示※2により川や海でウナギを採捕することを禁止しています。
 採捕禁止期間を広く周知するため,毎年ポスターやパンフレット等を作成し,関係機関へ配布しています。また,平成29年度は下記期間中の密漁監視のために必要なのぼりや腕章を作成しました。

     ●委員会指示※2による採捕禁止期間(奄美群島は除く)
       平成25~28年度:10月~12月(3カ月間)
       平成29年度   :10月~2月(5カ月間),期間拡大

 

   ※1 (一社)鹿児島県養鰻管理協議会と合同開催の場合あり
  ※2 鹿児島県内水面漁場管理委員会,鹿児島海区・熊毛海区漁業調整委員会

 

 

  これまでのポスターはこちら→ 〇平成28年度版 〇平成27年度版 〇平成26年度版 〇平成25年度版

 

 

『鹿児島県ウナギ資源増殖対策協議会』事務局

 鹿児島県鹿児島市鴨池新町10番1号 10階
 鹿児島県商工労働水産部水産振興課栽培養殖係
  電話(099)286-3433  FAX(099)286-5613

(H29.12.1公開)

▲ 閉じる

 

 

 

 

会員用ページ
ログインページへ

水産庁  全日本持続的養鰻機構  アクセスカウンター

TOPへ▲